他社とのサービスの差で勝ち抜く

他社とのサービスの差で勝ち抜く

お金を借りるなら大手、もしくはある程度の大きさのところということは納得いただけたと思います。
では、その大手の中でどのようなところがいいのか?ということになります。

 

グレーゾーン金利の問題や、主婦などへの貸付の制限などが行われるようになって、お金を借りる人はやや少なくなってきているようです。
それに伴って、自殺者が年々減ってきて、ここ2,3年落ち着いている(そこまでの増加は見られなくなった)ようです。
やはり、借金と自殺の関係は切っても切れない関係だったのでしょう。

 

借りる側にも制限が掛かるようになってきたこともあって、ローン会社は各社でサービス合戦?ともいえるような展開になっています。
消費者金融が銀行グループに入っていたり、金融系も生き残りに必死です。
何しろ、私たちがお金を借りなければ成り立たない商売なのですから。
規制が甘く、すぐにお金を借りたい人が待っていてもすぐに来てくれる時代はもう終わりました。
今は若い人を中心に節約志向や地味な生活を好む風潮があるので新規の顧客の獲得が難しいのです。

 

とあるデータですが、20歳以上の7人に1人が大手で借金をしています。100万円以下の借入額が全体の40%。
このデータに中小の消費者金融は入っていないので、実際はもっと多いでしょう。
自分の周りに借金なんてする人はいないと思っているのは間違いなんです。
気軽に借りられるので割とみなさんお金を借りているのですよ。